school 学校詳細

アリヤガマ・シッダールタ高校

Ariyagama Siddartha Maha Vidyalaya

スリランカ民主社会主義共和国

Chilaw

教育機関: 中学校

生徒数: 300

支援者: 堀 智哉

アリヤガマ・シッダールタ・高校は 1964 年 3 月 16 日に設立されました。この学校はムグヌワタワナにあり、通行不可能な学校です。チラウから学校までは約12キロあります。現在の学生数は約 300 名で、指導スタッフは 20 名の教師で構成されています。現在、学校は初等教育と中等教育の両方で構成されています。しかし、授業を行うのに十分な建物や家具はまだありません。学生には教育を受けるための十分な設備がありませんが、2012 年にすべての学生が上級レベル試験に合格しました。彼らは学校の最初の A/L バッチです。この村では、両親の多くが農業を生業としています。そのため、子供たちに教育を受けるためには多くの困難に直面しなければなりません。しかし、校長、教師、保護者、そして願いを込めた人々の長い列の勇気と優れた奉仕のおかげで、学校には学習状況が存在しています。

困っていること

学校のコンピュータ室に十分なコンピュータ機器や書籍教材が不足しているため、デジタル時代の効果的な教育には大きな課題が生じています。この問題はさまざまな形で現れ、生徒と教師の両方に影響を与えます。テクノロジーへの依存がますます高まる世界において、学生がデジタル リテラシーを高め、将来に必要なスキルを習得するためには、コンピューターへのアクセスが不可欠です。コンピュータ機器が不十分であるということは、学生が必要なテクノロジーに定期的かつ公平にアクセスできないことを意味し、コンピュータ機器以外にも、コンピュータ室の書籍資料が不足しているため、学生が関連する最新情報にアクセスすることが制限されています。リソースが不十分だと、研究、自主学習、批判的思考スキルの開発が妨げられる可能性があります。一般に、学習がインタラクティブでテクノロジーを組み込んでいる場合、学生はより意欲的で熱心になります。コンピューター機器の不足により、ダイナミックで魅力的な学習環境が低下し、学習に対する生徒の興味に影響を与える可能性があり、教育者はコーディング演習、シミュレーション、オンライン調査など、コンピューターを使用した活動を必要とする授業を実施することが困難に直面しています。必要な教材が不足しているため、教師が包括的で最新のカリキュラムを提供する能力が妨げられています。

現地の状況

アリヤガマ・シッダールタ・高校は ムグヌワタワナに設置されてあり、通行不可能な学校です。チラウから学校までは約12キロあります。現在の学生数は約 300 名で、指導スタッフは 20 名の教師で構成されています。現在、交通手段の困難により、子どもたちの学校への出席率は大幅に減少しています。市内から学校に行くためのバスやその他の交通手段はありません。そのせいで、この学校で学んでいる子供たちは大変な思いをしています。こうした子どもたちのためのランドセル、靴、本などの必需品も不足しています。学校は閉鎖の危機に瀕していますが、教師たちは子供たちのために学校を存続させようとしています。

活動報告


学校一覧へもどる