school 学校詳細

ビルディング・ブロックス ガーデニア 

Building Blocks GARDENIA

インド共和国

"Family Development Services
Building Blocks Gardenia
c/o Satya Seva High School
No. 17, Venkatappa Block,
Venkateshpuram , Ramatent road,
Bangalore - 56004--INDIA"

教育機関: 幼稚園(1校)-高校と併設

生徒数: 59

支援者: 外崎 敬子

ファミリー・ディベロップメント・サービス(ビルディング・ブロック・インディア、以下BB)は、教育を受ける機会に恵まれないインド3州のスラム地区の子どもたちに、質の高い充実した幼児教育と毎日栄養価の高い食事も提供することで子供たちの未来に貢献をし、貧困の連鎖を断ち切ることを目指しています。
私たちのセンターにやってくる子どもたちは、非常に貧しい環境にあります。彼らの生活環境には、飲料水や定期的な電力供給といった基本的な設備すら整っておらず、居住区は非常に狭く(約8フィート×10フィート)、そこに子どもの家族が住み、場合によっては高齢の祖父母や、家を失い、支援も受けられないその他の家族が暮らすこともある。
B Bセンターは言わば「安全な避難所」です。そこで、生まれて初めて洗面台で石鹸を使って手を洗い、歯ブラシを使うことを学び、読み書きを学び、カラフルな絵本を読み、クレヨンで塗り絵をし、友達と一緒に誕生日を祝います。BBに通うことで新しい世界が開かれるのです。
寛大な寄付者の援助とご支援により、私たちはこのような背景を持つ子どもたちに、3歳から3年間にわたり、英語、算数、理科及び社会的・実践的スキルの基礎を身につけさせる幼児向けプログラムを実施しています。月曜日から土曜日までの栄養価の高い無料給食を提供し、彼らが成長したときに人生のチャンスを得られるよう、より良い生活基盤を築いています。
親は仕事をしながらも、自分の子どもが守られた安全な環境にいて、日々教育を受け、世話され、栄養のある食事をしているという安心感を得られます。

困っていること

私たちは最近、ガーデニア・センターを新しい建物に移転しました。
59名の男女児が幼稚園に通っておりますが、新校舎には男女別の適切なお手洗いがありません。
私たちは4つのトイレ&お手洗い場を作る必要があります。
政府の基準に従って、男子用に2つ、女子用に2つ設置する必要があります。
大きさは14ft x 6ftで、男子用と女子用に入り口を分けます。
壁はセメントで固め、レンガで仕上げ、屋根は金属製で、断熱材はPUFシートを使用する。これらが完成すれば、男女別のトイレができ、より安心できる環境を通常のように提供することが可能になります。

現地の状況

干ばつに見舞われた辺境の村から、非常に貧しく教育を受けていない家族が生計を立てるために大都市に移住してくるが、結局は低賃金の日雇い労働に従事し、標準以下の衛生環境を備えた人口密度の高いスラムに住むことになる。
彼らは子どもたちに教育を与えることができず、怠惰と悪習慣に溺れてしまうことが多いのです。10代の若者の多くは、ドラッグやアルコール、ギャング、犯罪行為にのめり込んでいく。
水の供給は、コミュニティーの蛇口から日替わりで供給されるか、毎日供給される場合でも、2時間から1時間しか供給されない。そのため、そこに住む人々の個人的な清潔習慣が妨げられ、下痢、呼吸器感染症、伝染病などを引き起こしている。供給される水は飲料水ではない。
各通りの人々は、水を汲んで家に貯めるために、ポットを持って列を作って待っている。水は貴重な必需品であり、不足しているため、頻繁に隣人間で喧嘩が起きており、非常に悲しいことです。
ビルディングブロックスの活動の原動力は、子どもたちが良い教育を受けることで、自分たちの将来だけでなく、家族全員や地域社会の生活や考え方をも変えることができるようになるという信念にあります。
3歳半になると、ビルディングブロックスでの最初の2週間で、子どもたちは衛生と清潔の基本原則を学びます。食事の前と後、そして特にトイレの後には、石鹸を使ってしっかりと手を洗うという基本的な習慣から始め、「優しく、親切に、与えて、許す」の理念をもとに、丁寧に教育することにより、貢献できる社会人に育つことを願っております。


学校一覧へもどる