school 学校詳細

ナバジーバン・チルドレンズ・ホーム

Navajeevan Children’s Home

インド共和国

Navajeevan children home Nagajivan Ram Nagar, Rayapuram Bangalore — 18 --INDIA

教育機関: 児童養護施設

生徒数: 8

支援者: 深山 正康

ナバジーバン・チルドレンズ・ホームは、バンガロール市の境界に位置してます。このホームには、経済的理由、家庭内暴力、移住などにより、家にいて勉強することができない8人の女の子の子供たちが生活しています。これらの子供たちのほとんどは片親で、1人か2人は孤児です。
これらの子供たちは、スラム街、ゴミ拾い場、路上で拾われます。ほとんどの子どもは、生い立ちについて適切な調査を行い、最もふさわしい子どもがホームに受け入れられるようにした上で、児童養護施設に入所します。このホームでは、温かく「お母さん」と呼ばれる世話人によって見守られています。ホームの子供たちは全員、英語も教える学校に通っています。また、子どもたちの社会的、身体的、感情的な幸福を促進するためのプログラムも開催しています。カウンセリング、ヨガ、ライフスキルのセッションは、子供たちの全体的な発達のために企画されています。ホームでは家庭的で安全な環境を提供するだけでなく、子供たちが自分の可能性を伸ばすためのさまざまな機会を提供し、栄養価の高いバランスの取れた食事を確実に受けられるようにし、認知的、身体的、感情的、社会的、精神的な発達の機会も提供します。

困っていること

ナバジーバン・チルドレンズ・ホーム(フォスター・ホーム)は、8人の少女をケアするDINチルドレンズ・ホーム・プログラムの1つです。この施設は、最も貧しい家庭の女児、孤児、半孤児に適切なトイレ、洗面台、下水管、および安心できる環境を提供するためにあらゆる努力を払っています。
現在、彼らはホームとその敷地内の健康と衛生を維持するのに苦労しています。
これは子どもの健康を危険にさらすだけでなく、子どもに優しい安全な環境を損なう。したがって、ホームには2つのトイレ、排水管、靴箱、水道管、洗面台の建設、全体内外の塗装が必要です。
この状況を解決することで、家とその敷地を整然と清潔に保つことができます。それは自然と子供たちの健康増進につながり、彼らの成長と発達のためにフレンドリーで健康的な雰囲気を維持することにつながります。

現地の状況

勉強し学ぶ機会と環境が与えられれば、どんな子供でも人生で優れた可能性を秘めています。教育法は、14歳までの子どもに無償の義務教育を施すことを想定しています。しかし、州の統計によると、何千人もの子どもたちがそのような機会を奪われていることが明らかになってます。教育省の調査によると、何千人もの子どもたちが学校に通えず、何千人もの子どもたちが初等教育後期を修了していないことが報告されており、バンガロールがその先頭に立っています。
主な理由としては、移住、子どもと親の無関心、親の適切なケア、女子教育の無知などがある。家庭で勉強する環境が整っていないのが、学業成績の悪さに繋がっている子も少なくありません。このような状況は、多くの場合、安定した養育環境を奪い、全体的な発達と将来の見通しを妨げます。経済的な理由で学校に通えない子どもたちや、働いている子どもたち、想像を絶する状況で生活している子どもたちも少なくありません。彼らの多くは、暴力、搾取、性的暴行など、さまざまな形態の虐待にさらされています。彼女たちは窮状から解放され、教育、レクリエーション、住居、衣食住、そして最も重要なこととして、あらゆる形態の虐待から保護される権利を与えられる必要があります。ドリーム・インディア・ネットワークは、血の繋がった家族と一緒に暮らすことができない子どもたちや、家族から質の高い教育やケアを受けられない子どもたちは、支援を受けるべきだと考えています。したがって、提案されたプロジェクトは、フォスターホームを通じて、危険にさらされているこれらの子供たちの教育とケアのニーズに対処することを目的としています。各養護ホームは、成長の危機に瀕していた8人の少女が潜在能力を最大限に発揮できるように、安全で家庭的な雰囲気を提供するように設計されています。このホームは、教育と児童心理学の資格を持つホームマネージャーが指揮を執り、思いやりと愛情を持って耳を傾け、世話をすることで、子供の実の母親の役割を果たします。


学校一覧へもどる